古民家イタリアンレストラン Angelaのお知らせ

お知らせ
  1. ホーム
  2. お知らせ

お知らせNews

3/1(金)~価格改定させていただきます。メニュー立ても少し変わります。

2/28までにご予約で、3/1以降ご来店のお客様は、旧料金にて承ります。

HP上のメニュー立ては、2/20(水)から新しいものになりますので、ご確認いただけると幸いです。

 

よりよい食材を使う、コスパの高いワインを用意する・・・そんなことはもちろん、

ディナーの「おまかせコース」をランチでもお召し上がりいただけるようになる、

「ジェラ直」のように他WEBサイトよりお得なメニューをご用意するなど、

少しでもご満足いただけるよう努力いたしますので、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

 


「春が来た!」メニューできました(2/9~3/17)

「前菜9品盛り合わせ」・・・は、こんな感じです!(写真右上より時計回りに)

 

新玉葱のポタージュ・・・毎年お客様が楽しみにしてくださっているメニュー。

   玉葱だけで、どうしてこんなに甘く瑞々しい味になるのでしょう。

 

イイダコのサンタルチア・・・イイダコの旬も春です。ナポリっ子のようにトマトで柔らかく煮て。

 

ブリのカルパッチョ オリーブ風味にマリネした大根添え(ディナー)

 

ビーツのラぺ・・・「食べる血液」と言われるほど、その栄養価が話題のビーツ。

   根菜らしい甘味を活かすべく、丸ごと蒸してからオレンジ風味のマリネに。

 

牡蠣のブッディーノ(プリン)・・・広島産牡蠣を白ワインで蒸して、ペーストにしたものと

   卵黄などで、プリンに。寒いので、温かい前菜も必要かと。

 

あんぽ柿とゴルゴンゾーラのクロスティーニ・・・不思議な組み合わせながら、ワインがすすみます。

  あんぽ柿の甘さに負けぬよう、ゴルゴンは辛口のピッカンテで。

 

テート ド フロマージュ・・・豚のいろいろな部位の肉を自身から採ったコラーゲンで、

  固めたもの。異なる食感が楽しめます。

 

ワカサギのエスカベッシュ

 

●蕾菜のサラダ グレビッシュソース・・・博多特産のからし菜の一種で、脇芽を食します。

  この時期、1か月くらいしか出回らない、まだ新しい希少食材です。そのものを味わっていただきたく、

  サッと熱を入れただけで、卵黄・ケッパーなどで作ったソースで。

 

「ピッツァ ガンベレット」・・・桜エビ+春キャベツ+チェリートマト

   桜エビの風味を生かすべく、ピッツァソースはしかずに、ビアンカで。




ランチ水曜日定休追加のお知らせ!HPの営業日カレンダーで、ご確認いただけると幸いです。

今年から水曜日のランチもお休みをいただきます。

「働き方改革」のひとつとしたいと思います。

勝手で申し訳ございませんが、定休日明けの仕込みなどがとても多い、ここにお休みをいただくと、

身も心もずいぶん楽になります。どうもありがとうございます。


Rettyお店会員をやめました!

昨年末でグルメサイト「Retty」のお店会員をやめました。

それにより、ニュースの配信、店からの写真の投稿、Rettyサイトからのご予約などが

できなくなりました。店のページ事体は、みなさまからの投稿情報で、掲載されると思いますので、

引き続き「行きたい!」「行った!」など、情報の交換をよろしくお願いいたします。

 

SNSを一切していない当店なので、最新情報をRettyからチェックしてくださっていた方も多かったと

思いますが、今後は、HP・Googleなどをマメに更新しますので、シフトしていただければと思います。

 

新年営業開始いたしましたら、『ジェラ直』(某ホテルのパクリです、はい)と題し、

「HPよりのご予約最安値プラン」もご案内させていただきます。

 

末筆になりましたが、2018.12.31の時点で、Rettyサイト上でアンジェラに「行きたい!」を

してくださっているみなさま、本当に嬉しいです。何よりの励みにパワーになります。

心からお礼・感謝申し上げます。

ぜひ、ご来店が実現いたしますように・・・お待ちしております。


初春メニューできました!~前菜9品盛り合わせはこんな感じ

写真右上から時計回りに

●マッシュルームのポタージュ

  「いったい、何個のマッシュルームを使ったんだろう・・」とつぶやいてしまうほどの

   旨味凝縮状態です。

●蒸し鶏の九条ネギのペペロンチーノソースマリネ

●干し柿とゴルゴンゾーラのクロスティーニ

  それだけでは、デザートのような干し柿のねっとりとした甘さを、

  ゴルゴンゾーラのピッカンテが、キリっと引きしめ、絶好のワインのお供に大変身!

●わかさぎのエスカベッシュ

●里芋と春菊とアンチョビのポテトサラダ

  この時期、何度も登場して申し訳ないのですが、3者のハーモニーが絶妙だと思うので。

  里芋の下煮以外は調味料を使用せずとも美味しくなる・・・アンチョビの存在は偉大です。

●殻付き帆立貝のハーブパン粉焼き

  青森から、鮮度抜群の甘~い帆立が届きます。この皿の一区画のバランスにピッタリということで、

   小さいのはご勘弁を。

●キャベツ・ケール・金柑のサラダ 金時人参のドレッシング

  粗めにすりおろした金時人参のドレッシングが、全体によく絡んで、モリモリいけます。

  皮ごと食せる金柑が美味しさに目覚め、ケール(またはカーヴォロネロ=黒キャベツ)の参戦で、

  ヘルシー感MAXです!

●サバのパテ トマトソース

  サバと長ネギで作ったピューレを、プリプリのサバ2枚で挟み、焼いた1品。

●カラフル大根のサラダ それぞれ違う味付けで

  この時期、大根の種類が1番多いとき、個性に合わせて違う味付けでサラダに。

  白はヨーグルト風味のドレッシングで和えて。赤は(主紅くるり大根、時に京しぐれ)ザクロ酢でマリネ。

  緑(ビタミン大根)はビタミンを損なわない様、そのままで。黒は硬くて辛いので、グリルして塩で。

  

 



PAGE TOP